わたしは幼保無償化の対象?「幼保無償判定ナビ」をご活用ください。

教育・保育施設、地域型保育の保育料(利用者負担)

[概要]

子ども・子育て支援新制度による給付を受ける教育・保育施設の保育料(利用者負担額)は、国が定めた額を上限として、自治体が認定区分ごとに、世帯の所得状況、利用時間(標準時間・短時間)、お子さんの年齢などに応じて定めた額となります。

なお、令和元年10月1日より、幼児教育・保育の無償化が開始されました。
認可保育施設に在籍する0歳クラスから2歳クラスの非課税世帯のお子さんと、3歳クラスから5歳クラスの全てのお子さんを対象に保育料が無償となります。
※延長保育料、主食費および副食費(給食費)、行事費等は引き続き保護者の皆様のご負担となります。

幼稚園については、子ども・子育て支援新制度に移行した幼稚園に在籍するお子さんは、満3歳クラスから保育料が無償化され、子ども・子育て支援新制度に未移行の幼稚園に在籍するお子さんは、満3歳クラスから月額2万5700円を上限に保育料が無償となります。
※主食費および副食費(給食費)、送迎バス費、行事費等は引き続き保護者の皆様のご負担となります。

[手続きなど詳しくは]

「保育施設の利用について (上尾市サイト)」または「幼児教育・保育の無償化について(上尾市サイト)」をご覧ください。

保育施設の利用について (上尾市サイト) 幼児教育・保育の無償化について(上尾市サイト)

子育て応援情報

「子育てナビ」をシェアしよう
  • つぶやく